faxdmの良い点悪い点についてまとめてみました

faxdmとはファックスを使って、ダイレクトメールを送る手段のことです。ダイレクトメールは会社の業務内容やお店の存在などを、送った地域の人たちに覚えてもらうときに役立ちます。相手に直接渡すことができますので、不特定多数に宣伝内容をばらまくテレビコマーシャルや折込チラシの中に埋もれることなく、相手に見てもらえる効果を持っています。ダイレクトメールにはfaxdmの他にもハガキや手紙で渡す郵送タイプのものや、ウェブメールを使った配信方法があります。faxdmはこれら2つの方法よりも一般的に馴染みが薄いものになりますが、ファックスだからこそのメリットが用意されています。上手に活用して顧客を増やしたり売上アップを狙いたいところです。反面、デメリットもありますので気をつけましょう。

ダイレクトメールの中では見てもらえる確率が高い

昔からよく利用されている郵送によるダイレクトメールだと、ろくに見てもらえず即効でゴミ箱行きになることも珍しくない光景です。特に封筒に入れられたタイプでは開封すらしてもらえないことも多々あります。ウェブメールにしても同様です。ウェブメールをまめにチェックする相手でもなければ、読まれずにそのまま放置される確率が上がります。迷惑メールに振り分けられるケースもよく見られます。一方、faxdmならば必ず相手が送られてきたファックスを取らなければならないため、見てもらえる確率が高くなります。ファックスの内容がそのまま印字されて送信されますので、封を開けたり、メールソフトを起動する手間がなく、素早く読んでもらえます。郵送の送料よりも、ファックスの送信費用のほうが圧倒的に安いという部分もメリットになります。

相手にコストが発生するためクレームを受けやすい

相手に読んでもらいやすいfaxdmですが、送信相手からクレームを受けやすいデメリットを持っていますので注意しなければなりません。ファックスを送信すると、受信機が印字に必要なトナーや用紙をその分だけ消費しなければならず、相手にコストがかかります。相手がリース中のコピー機の機能でファックスを受け取っていると、faxdmの印刷でカウントが増えてしまい、印刷枚数で発生する料金が増えてしまう迷惑をかける心配もあります。ごくたまに送信するくらいならよいですが、頻繁に送信する場合には相手からクレームを受けるリスクについて考えなければなりません。デメリットを避けるためには、相手の意思でfaxdmの受け取りを拒否できるように、問い合わせ先を掲載する配慮を欠かさないようにします。