faxdmってどんなものなのか解説します

“広告には様々なものが存在します。最近ではインターネットを利用したものが主流となっています。また、訴求力の高いものではテレビCMなども有名です。しかし、インターネットを見ていない層、もしくは不慣れな層が存在するほか、テレビCMなどは費用が掛かるため、ベンチャー企業や中小企業などはなかなか手を出しにくいのが現実です。faxdmはいわばfaxのダイレクトメール版で、送りたい原稿や広告を送信するだけで全国の法人などに届くものです。一時期はfaxdmを送るだけで高い反応率が話題でしたが、最近はこうしたものも落ち着き、そこまでの効果はないと言われてきました。しかし、値段が安いこと、すぐに送信できることなど総合的に判断した時にfaxdmは効率的な広告ツールであると近年再評価されています。

低コストで顧客を確保できるfaxdm

faxdmの場合、事前に設定した見込み客のリストに対し一斉に送信すると、ある程度の反応が返ってきます。どれくらいの反応かは実際に扱う商品にもよりますが、営業マンが外回りをしなくても、faxdmを送るだけで商品に興味がある、その商品が欲しいという人があちらから名乗りを上げてくれることになります。人件費を削減できるばかりか、売り込みをかけたい場合にすぐに結果を出すことも可能です。また、1回やって無反応だった顧客でも何回かやるにつれて興味を持ち始めるケースも存在し、1回送って無反応なら意味がないのではなく、何回か送ることで興味を示すケースも存在します。何回か営業マンが赴いてようやくゲットするのと、faxdmを何回か送ってゲットするのではコスト面で大違いです。

理想的なfaxdmの活用法とは

faxdmで期待されるのは集客の面であり、それ以降のことは営業マンがやらなければなりません。しかし、営業マンが営業をかけてなんとか交渉のテーブルにつくのと、あちらから手を挙げてやってきて交渉のテーブルにつくのとでは全く違います。値引きしてでも契約してもらおうということもなく、多少強気に出ることも可能です。こうしたリストは業者が持っている場合が多く、業者に原稿を送り、あらかじめ指定したリストに送ってもらうことが一般的です。ピンポイントに送ることでサービス、商品を知ってもらいたい会社などにダイレクトに届き、興味を示した会社と交渉を重ねることでローコストで契約までこぎつけることができるばかりか、交渉だけに特化した人を教育し、確実に契約件数を重ねていくということも可能になります。