faxdmのメリットデメリットについて徹底解説

ビジネスにとって顧客の獲得が最重要課題です。いくら良い商品であっても集客がなければ当然売り上げは伸びません。そして、その集客には二段階あります。そのどちらかでも欠けていれば集客は成功しません。まず第一段階に、サービスを知ってもらうことです。そして第二段階がサービスに対しての信頼を得ることです。この二段階ができればサービスが売れます。faxdmはこの効率性においていろいろなツールの中間に位置します。詳細は後述するのですが、今は昔と違って多くの営業ツールが存在します。もちろん営業というものは最近に始まったものではなく、資本主義経済がある以上営業は存在します。そしてツールを使いだしたのはその歴史のなかでは最近のことです。今の営業は戦略が重要です。

営業の手法にはいくつもの戦略がある

営業といってもいろいろあります。ネットでメルマガを配信するのも営業ですし、ブログやサイトで情報配信するのも営業、SNSを使った営業も今は主流です。なんでもかんでもテレアポや飛び込みの時代でもないですし、それは効率が悪いです。ネットを使った方法が多いのですが、これは上述した二段階の一段階目の顧客に知ってもらうという点で非常に効率的です。ネットなら無制限に周知することが可能なため、極端な話、連絡先さえ知っていればどこにでも送ることが可能です。しかし、信用の面では直接的なものには勝ちにくいです。今は対人営業だからといってそれが必ずしも信用に結びつくということでもないのですが、やはり対人だと安心する人も多いです。
そしてfaxdmはネットでの営業と対人営業の中間のようなものです。

faxdmは営業に使えるのだろうか

faxdmはネットと対人営業の中間と書きましたが、今ではわりと原始的な手法の部類でしょう。メリットとしては、メールで送るよりも目につきやすいですし、企業の決定権を握っている人は年配の人が多いので、人によってはネットに対して懐疑的だったりします。また若い世代はネットでの情報収集が当たり前ですが、年配の人はネットは使わずに紙媒体や口伝えを大切にしていたりします。この点では、メールやネット集客よりもfaxdmに軍配が上がるのです。対人には信頼度で劣るのかもしれませんが、数がこなせます。逆にデメリットは、相手企業の紙が無駄になることや、メールやネットの効率性には劣る点です。電子データの方が資源も無駄にならないし効率的ではあります。メリットデメリットを鑑みて、やはりネットと対人の中間くらいの手法です。

ネクスウェイは7000社のfaxdmを手掛けてきました! 他の広告に比べて、faxdmはターゲットからの反響が早いのが特徴です。 原稿は白黒でいいので、郵送DMと比べても制作はずっと簡単。 faxdmの効果的な使い方がわかる無料セミナーを開催中! faxdmは費用対効果の優れた広告ツール。 faxdmは情報を届けたい相手に直接DMを届けることができます。 faxdmならネクスウェイにおまかせください